さまざまな切削工具はもちろん、工作機械周辺機器においても私たちは豊富な商品を取り揃えています。その数は、ざっと10万点以上。また独自のオリジナル商品ラインナップも高い評価を頂いています。まさに切削工具専門のリーディングカンパニーとして、独自の地位を築いています。
 
 
創業は昭和23年、まだ戦争の傷が色濃く残っていました。昭和28年には、本社を機械工具のメッカといわれた立売堀に移し、業容は着々と拡大していきます。その後、メーカー機能も合わせ持ち、現在まで発展。この歴史の中で培ってきた信頼と信用が、企業として大きな財産になっています。
 
 
私たちは、技術力でも高い評価を獲得しています。例えば、「メガトンカッター」は、従来生産性が低いとされてきた側フライス加工の諸問題を解決。日刊工業新聞社の十大新製品賞を受賞しました。その他、「ジャボエンドミル」、「神秘」など、高度な技術力によるヒット商品は多彩です。。
 
 
もちろん、私たちのフィールドは国内にとどまるものではありません。優れた切削工具を中心とした輸入に力を注ぎ、国際工作機械見本市「シカゴショー」やヨーロッパの「EMOショー」へは毎回、買付や研修に出かけています。また、海外メーカーとの技術提携を結ぶなど、グローバルな視点でビジネスを進めています。
 
 
健全な財務体質を武器に、菱高精機は積極果敢な事業拡張を目指しています。工作機械と刃物をつなぐツーリング、あるいは個々の切削機器をトータル化させた切削システム開発など。これら現在の周辺分野へのビジネス拡張から、さらにはソフト化・高付加価値化をキーワードにした事業ベクトルを模索しています。

All Rights Reserved.Copyright (C) RYOCOSEIKI.CO 2005